知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

お金と暮らし

定年再就職で収入大幅減!給与ダウンはあきらめるしかないの?

 

 

60歳を超えた従業員に対して、

事業主は原則として65歳までは
希望者全員を引き続き雇用することが
義務付けられています。

しかし、
60歳以上の継続雇用や再就職では、

定年前に比べ、
給与が大幅減に下がることがほとんどです。

この記事では、
定年後の再就職では大幅な収入減は、
あきらめるしかないのでしょうか?

その裏技的ではないですが、
知っておいて損はない、
正当なとっておきの制度をお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

「高年齢雇用継続給付」という制度とは

雇用保険には、
定年後の継続雇用や再就職での収入減を補う
「高年齢雇用継続給付」という制度があります。

対象となるのは、
雇用保険に5年以上加入し、

60歳以後の給与が
60歳時点の75%以下に下がるなどの

条件を満たした人です。

最大で
新しい給与の15%に相当する給付金を、
65歳まで受けることができます。

 

受給要件

①60歳以上65歳未満で、雇用保険の被保険者(加入者)であること

②雇用保険の被保険者であった期間が5年以上あること

③60歳以後の給与が、60歳時点の75%未満に低下していること

④60歳以後も継続雇用、または退職後、雇用保険の基本手当を受けずに再雇用した人

 

受給期間

60歳に達した日の属する月から65歳に達する月までの(最大5年間)

 

給付金の額

60歳以後の各月に支払われた給与の15%を上限に、

60歳時点の給与から低下率に応じて給付金を支給。

給与と給付金の合計が
33万9560円を超える部分は支給されない(支給限度額)

 

 

でも、在職老齢年金は減額されます!

ただし、この給付を受けると、
在職中の年金が減額される決まりがあります。

厚生年金に加入して
働きながら受け取る在職老齢年金は、
一定の給与等を超えるとと減額されます。

これに加え、
「高年齢雇用継続給付」を受け取ると

新しい給与(標準報酬月額)の
最大6%に相当する額が、年金から減額されるのです。

 


スポンサーリンク




 

どちらが得なの?

では、どちらの選択が有利なの?

ということになるのですが、

「高年齢雇用継続給付」は
新しい給与の最大15%

年金の減額幅は最大6%なので、

給付金を受けたほうが手取り額は多くなります。

高年齢雇用継続給付を受けるには
ハローワークに申請が必要ですが、

通常は勤務先の会社で行うことになっているので、
特に必要はありません。

 

 

 

給与が下がっても手取り額を確保するには!

たとえ再雇用や再就職で
給与が大幅に下がっても、

実際の手取りは
さほど目減りしないケースがあります。

 

以下のケースで見てみましょう!

 

ケース1

・定年時の給与が45万円

・62歳からの年金が月額10万円

・継続雇用後の給与が35万円とします。

この場合は、減額幅が小さいために

①高年齢雇用継続給付は受けられず、
(給与が60歳時点の75%以下が条件)

②在職老齢年金は9万円カットされます。
(年金が月額10万円→1万円)

毎月の給与と年金の合計額が
28万円を超えると、年金が減額されます。

 

 

ケース2

・定年時の給与が45万円、

・62歳からの年金が月額10万円

・継続雇用後の給与が25万円とします。

この場合は、減額幅が大きいために

①高年齢雇用継続給付が全額支給3万7500円受けらます。

②在職老齢年金も4万円カットに抑えられ、6万円受けることができます

給与の額面が安くなるため、
天引きされる社会保険や税金の額も減ります。

 

 

ケース1とケース2を比べてみると・・・

ケース1は、給与で10万円多くても、

手取りの額は、1万円しか変わらない結果になります。

 

 

最適賃金という考え方

給付金や年金、社会保険料や税金などを総合的に計算し、

給与を低く抑えながら、
手取りの額が高くなるように設計された賃金を

「最適賃金」といいます。

再雇用の際、
通常は企業から最適賃金が提示されますが、

知らないケースも見られるので、
会社側に提案して賃金額を設定してもらうのもよいでしょう!

 


スポンサーリンク




 

 

最後に

もう一度、おさらいしましょう!

①雇用保険には収入減をカバーする制度がある

②高年齢雇用給付金は60歳から65歳まで受け取れる

③「最適賃金」ならば、実際の手取り額は確保できる

僕もあと数年で60歳に到達します。

60歳に到達後は、
どのようになるのかは、
いまはわかりません。

でも、そのときに
「高年齢雇用給付金」や
「最適賃金」のことを

知っておくのと知らないのでは、

その後の賃金環境というか、
60歳以後の実生活に大きな差が生まれると思います。

知らないことは、罪です、損失です。

ぜひ、その辺の事情をご考慮いただき、
有利な再就職につなげていきましょう!

 

 

 

◆こんな記事も読まれています

雇用保険法の加入条件で年齢制限撤廃へ!でも高年齢求職者給付金はそのままって!!

パートの社会保険加入条件が2016年に改正?106万円の壁とは!

育児休業給付金の計算方法って?受給日数やもらえる金額は?

 

 

-お金と暮らし
-, , , , ,

スポンサーリンク