知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

お金と暮らし

配偶者控除で税金を安くする!リストラされた夫でも入ることができるの?

結婚されている方なら、
配偶者控除ってご存知ですよね?

配偶者控除というのは、
収入が103万円以下(パートなど給与所得の場合)の
配偶者がいる人が受けられる控除です。

配偶者というのは、妻か夫のことです。

この記事では、リストラされた夫も
配偶者控除を受けられるのかにどうかについて、
詳しくご説明いたします。

 

 

 

スポンサーリンク

リストラ夫でも配偶者控除は受けられますよ!

よく言われることですが、

奥さんがパートに出るような場合、
収入は103万円以下に抑えたほうがいいですよね。

この配偶者控除で
気をつけなければならないのは、

妻が働いていて、
夫が無収入な場合も、

夫を対象に扶養控除を受けられるということです。

 

今のご時世では、

夫がリストラにされて
妻だけが働いているという夫婦も
結構いるのではないか、と思われます。

「世帯主が夫になっているので、夫は扶養家族に入ることができない」

などという都市伝説もあるようですが、

これはまったくのデマですね。

世帯主うんぬんと
税金の申告は全く関係がありません。

 

世帯主が誰であろうと、
収入がなくて配偶者に扶養されている人は、

配偶者控除の対象にできるのです。

「妻の扶養に入るのは、世間体が悪い」

とい思う人もいるかもしれませんが、

扶養に入っているというかどうかなどという情報は、
外部にもれたりしませんね。

戸籍に載ったり、
住民票に記載いされているわけでもありません。

妻の会社の経理の人が知るくらいです。

配偶者控除を受ければ、

少ない人でも5万円程度、
多い人では、数十万円の節税になります。

見栄を張らずに、受けたほうがいいと思います。

控除額は以下の通りです。

・配偶者が一般の人    :38万円

・配偶者が老人(70歳以上):48万円

 


スポンサーリンク





 

 

年末に結婚すれば得するって?

配偶者控除というのは、
1年のうちどのくらい結構生活をしていたか、
などということは要件にありません。

つまり、
1年のうち、1日でも結婚生活をしていれば、
配偶者控除を受ける資格があるのですね。

例えば、12月31日にあるカップルが籍を入れたとします。

その年に結婚し、期間はたったの1日です。

それでも、
奥さんに収入(103万円以下)がなければ、
配偶者控除を受けられるのです。

どうですか、5万円のために、
なんでそこまで・・と思われますか?

知らないともったいないことだと僕思います!

 

これと同じようなことで、
離婚するなら正月がいいとも言われています。

なぜなら、
1月1日に離婚したとしても、
奥さんに収入がなければ、
その年の配偶者控除が受けられるからです。

ただ、離婚すれば、
慰謝料や養育費やらで、
莫大な費用がかかりますから、
その程度の節税では約石に水かもしれませんが :^^;

 


スポンサーリンク





 

 

災害、盗難、横領なども所得控除の対象に

所得控除のなかには、
雑損控除というものがあります。

 

雑損控除とは、
災害、盗難、横領などで、

生活上の資産の被害を受けた場合に
受けられる控除のことです。

この雑損控除、サラリーマンの方は
あまりなじみがないですよね。
というか、あまり聞かない言葉ですね。

でもサラリーマンの方でもちゃんと使えるのですよ!

控除できる金額は、
(被害額ー5万円)です。

たとえば、
盗難に遭って50万円に被害に遭ったとします。

50万円ー5万円=45万円

この45万円を、所得から控除できるのです。

税額にすれば、
だいだい5万円から数十万の還付になります。

ただ詐欺による被害による被害はダメです。

詐欺の場合は、
自己責任の部分もあるということなのでしょうね。

あと、自然災害も対象となります。

台風や地震の被害ももちろんOKです。

地震で家ががたついて、
修繕費用に100万円かかったというような人は、

95万円も控除できます。

また、金額が大きくて
単年度で控除しきれない場合は、

翌年移行3年にさかのぼって
繰り越すことができるのですよ。

サラリーマンなど、
確定申告をしていない人は、
5年さかのぼって確定申告ができますので、

心当たりのある人はぜひ申告はしましょう。

そして、この雑損所得には裏技があります。

というのは、
「自然災害の被害」には
害虫被害も含まれるのです。

だから、
シロアリの退治やスズメバチの駆除費用
その所得控除の対象になるのですね。

ぜひ、知っておいてください♪

 

 

 

最後に

配偶者控除とは別に、
配偶者特別控除という所得控除をご存知ですか?

この配偶者特別控除は、
配偶者の収入が103万円以上あって
配偶者控除受けられない人が対象です。

平成30年度から、
配偶者の収入が150万円未満の人が受けられます。

つまり、配偶者控除の対象となる
103万円の収入は超えてしまったけれども、

それほど配偶者の収入が
多くない人のために作られた制度だといえます。

 

控除額は
配偶者の収入によって段階的になっており、
主な稼ぎ手の年収にもよりますが、
概ね、以下の通りの3万円~38万円までです。

 

<配偶者特別控除の控除額>

・150万円以下:  38万円

・155万円以下:  36万円

・160万円以下:  31万円

・167万円以下:  26万円

・175万円以下:  21万円

・183万円以下:  16万円

・190万円以下:  11万円

・197万円以下:   6万円

・201万円以下:   3万円

・201万円超 :   0万円

 

サラリーマンの方は、会社の年末調整で、
人事の方がやってくれていると思いますが・・・。

また、確定申告を自分でされる方は、
妻の源泉徴収票と自分の源泉徴収票を
もっていくだけで、

あとは税務署が申告書を
5分くらいで作ってくれます。

一回の飲む代くらいにはなりますので、
捨て置くのはもったいないですよ!

 


スポンサーリンク





 

◆こんな記事も読まれています

医療費控除でいくら戻るの?10万円以下でも控除が受けられる方法とは?

社会保険料控除で金額はいくら戻るの?過去の分、前納した分も控除できるの?

サラリーマンの節税裏技 所得控除で税金を安くする仕組みを伝授!!

ふるさと納税の控除はどうすればいい?年末調整なしで控除を受ける方法とは!

結婚しても本籍地は変更しない方がいい??本籍の決め方とは!

-お金と暮らし
-, , , ,

スポンサーリンク