知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

暮らしのトラブル

お風呂掃除で塩素ガスを使うと危険な理由とその対処方法や予防方法とは?

2018/11/13

 

お風呂掃除をするときは
よくカビとりハイターなどで
壁、浴槽などにスプレーをして
汚れを取り除きますよね。

この記事では、
お風呂掃除で塩素ガスを使うと危険な理由と
その対処方法や予防方法についてわかりやすくご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

まず、塩素ガスとは?

塩素ガスは、
浄水場で細菌が増えるのを防いだり、
下水道などを管理するときに使われたり、

お風呂の壁、
床などのカビ、
水垢を落とすときは
カビとりの漂白剤を使うと思いますが

この商品にも塩素が成分として入っています。

 

学校のプール、水道水にも消毒剤が使われています。

塩素ガスは
体の中にある水分に反応して
強い毒に変わり、
たくさん体の中に入ると
最悪の場合は死に至ってしまう危険な成分なのです。

 

 

 

塩素は混ざると危険!

家庭で使われている
漂白剤、カビとりハイターなど
危険と表示されているのは塩素になります。

塩素は
酸性と混ぜると有害なガスが出ます。

塩素ガスは刺激が強いため、
黄緑色の気体で空気より重いので
床に流れていきます。

 

塩素は人の体に少しでも触れると
呼吸困難、肺水腫、喉の傷み、
はれ、皮膚がただれてしまいます。

 

塩素のカビ取り剤に、
酸性の成分が混ざって、

塩素ガスが出たときは
すぐに窓、ドアをあけて
その場から離れましょう。

症状が重くなってしまうと
目が見えなくなったり、

最悪場合、
生命に危険が及ぶような
可能性もあるので注意が必要です。

※ちなみに
肺水腫は肺に水がたまることです。

 

さらに、
塩素ガスよりも硫化水素が危ないです。

昔は洗剤の組み合わせで
できていましたが、

今は危ない成分として扱われているので
硫化水素が作れなくなっています。

硫黄の入った入浴剤、
トイレの洗剤を混ぜると
硫化水素ができますが、

硫化水素は
体に害がある毒なので、
最悪の場合、
死に至ってしまう可能性まであるのですよ。

入浴剤を使ったあとに、
洗剤で洗っているうちに
温泉卵のような腐った臭いがしたら
注意が必要です。

 

でも、硫黄が入った入浴剤は
スーパー、薬局では買うことはできないので
塩素ガスよりは深刻に考えなくても大丈夫ですよ。

 


スポンサーリンク



style="display:inline-block"
data-ad-client="ca-pub-3418683727317010"
data-ad-slot="1406557081"

塩素ガスを吸ったときの対処方法や予防方法?

病院に行くまでにすること

・塩素ガスを吸ってしまったら、
すぐに病院に行って診察をしてもらう。

・病院に行くまでにすることは
皮膚、目に違和感があるときは15分以上流水で洗う。

・家の外に出てきれいな空気を吸います。

・気より重いので床から離れて高い場所に移動する。

・塩素を吸っても症状が重くないときは
水、牛乳を飲みましょう。

 

家庭で注意すること

・塩素は小さい子供が届かない場所に置きましょう。

・間違って混ぜたときはすぐに外に出ましょう。

・間違って飲まないようにわかりやすくマジックで名前をかく

・部屋を閉めたまま使わないようにする。

手袋をはめて皮膚につかないようにする。

・子供が間違って飲む事故が増えているので
自宅で使うときは注意が必要です。

・塩素系のカビ取り剤を使うときは
メガネ、手袋、マスクをつける。

など、日頃から意識して使うことが大切です。

 

まとめ

お風呂場で塩素の漂白剤を使うときは
マスク、手袋などで皮膚につかないように
掃除をすることが大切だと思いました。

塩素で致死量は700mlですが、
少しの量でも体に与えるダメージは大きいので

大人よりも子供が飲んでしまうと
塩素ガスの症状が重くなりやすいので、
すぐに病院に行って処置をしてもらいましょう。

塩素系を間違って飲んでしまう事故が
実際に起きているので、

使うときは近くに子供がいないか、
確認することが大切です!

特に3歳くらいまでの
小さいお子さんですとなおさらです。

 

間違って飲んときは
すぐに牛乳などを飲ませて
様子をみることが大切です。

また、普段、
水垢、カビをとるときによく使う漂白剤ですが、
塩素ガスが発生しないように
意識して扱うことが大事です。

繰り返しになりますが、
小さな子供がいる人は
子供の手が届かない場所に置くことを
強くおすすめします!

 

塩素ガスを発生させないためにも
塩素について知っておくことが大切ですし、

何か問題が起きても対処できると思いますが、
頭の中が混乱しているときは

病院に行って
診察をしてもらうことをおすすめします!

 


スポンサーリンク



style="display:inline-block"
data-ad-client="ca-pub-3418683727317010"
data-ad-slot="1406557081"

 

◆こんな記事も読まれいます

塩素ガスを吸うとどうなる?症状や体への影響はないの??

カラコンの安全な使用方法とおしゃれなカラコンに潜む危険性とは!

銀杏中毒の症状とは!何個食べると危険なの?食べすぎの 対処法は?

歯が抜ける原因は歯周病?虫歯を予防するフッ素に潜む危険性とは!

防災グッズのリスト!100均で揃う重要アイテムをご紹介します!!

ロタウイルスは大人も感染!その症状は下痢だけじゃない? 重症化するとヤバイの?

鳥インフルエンザは人に感染するの?その特徴と対処法を解説します!

胆嚢摘出後に下痢になりやすいって?その原因と対処法を解説します!

-暮らしのトラブル

スポンサーリンク