知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

生活の知恵

断捨離の効果を継続する2つの方法とは!

 

断捨離に成功して、
すっきりきれいになった部屋で
生活するのはとても快適ですね。

でもちょっと気を許すと
また不用品が増えて元の木阿弥にもなりかねません。

大々的な断捨離をするのは
時間も労力もかかりますから、

何とかして部屋をいつもきれいに
片付いた状態にしておきたいものですが、

そのための方法を少し考えてみました。

 

 

 

スポンサーリンク

物を増やさない

せっかく不用品を処分して
すっきりした空間を手に入れたのに、

これで安心とばかりに
本や衣類を買い、

引き出物がたくさんあった場合は
また物であふれてしまいそうです。

やたらと本箱や衣装箱を
買い足すようなことは避けて、

今ある収納場所に入りきるだけと
決めることも大切です。

 

本は1冊買ったら1冊捨てる。

衣類も2枚増やしたら2枚捨てる、

というように毎日が断捨離と考えて
物を増やさないようにしたいものです。

 

本はいくらでも読みたいという人は
図書館を利用するのが賢明です。

最近は図書館にない本でも
リクエストすれば買ってもらえたり、

ほかの図書館から取り寄せるサービスもあります。

衣類もあまり着ないけれど
まだ捨てる気になれないものは
保留中としてまとめておいて、

半年ぐらいたって着る機会がなかったら
捨てるようにすると片付きます。

 

新しいものを買うときには、
それは本当に必要か、
置く場所はあるかなどを
十分に検討してからにしましょう。

ある家庭では
電気のてんぷら鍋を買いたいと思いましたが、

使用後の手入れが大変だとわかったので
買うのを取りやめました。

また電子レンジ専用の台を
買いたいと思っていたけれど、

どうにも自宅の台所に置くところがないので
既製品のワゴンで代用した例もあります。

良さそうだと思って衝動買いすると、
後で使わなくて後悔することになりかねません。

でもどうしても必要な物なら
躊躇なく買うことも必要です。

高齢になって
ガスファンヒーターの使い方が
分からなくなってしまった高齢のおばあさんのために
家族が心配して、
より安全なオイルヒーターを
買ったと聞きましたが、

これなどは、
後回しにするべきものではないでしょう。

また減塩食をしなくてはならなくなった
お父さんのためにパン焼き器を買って

塩分制限のパンを
焼くことにした家庭もありました。

安全や健康のためならば
物が増えるのもやむを得ないでしょう。

 

 

 

片づけを工夫する

きれいな部屋を維持するには、
物を増やさないだけでなく、

今あるものをきちんと片付けることはとても大切です。

ある家はいつ行っても
きれいに片付いているのでそのコツを尋ねると、

「どんなものでも置き場所を決めて、
使ったら必ず元の場所に返すことです。」という返事でした。

なるほど家族全員がこの原則を守れば、
新聞や雑誌が放り出してあったり、
脱いだ靴下が散らかっていたりすることはないはずです。

そうすれば主婦は
掃除をするのにも短時間できれいにできるでしょう。

まずは読み終わった新聞を保管する箱や
一時的に着ていたものを入れておく籠、
爪切りやハサミなどの
小物を入れる小引き出しなどを用意して、

いつもそこに入れる習慣をつけることが
良いかもしれません。

 


スポンサーリンク





 

ゴミ箱も大きめなものを
誰もが使いやすいところに置きたいですね。

部屋をきれいに保つためには
家族全員の協力が必要です。

主婦が一人で一生懸命に片付けても、

誰かが使ったティシュペーパーを
落としたままだったり、

子どもがおもちゃを
投げ散らかしたままだったりしたら、

たちまちリビングは
ゴミだらけになってしまいます。

子どもでもできる片づけを教えて、
家族一人一人が部屋をきれいにするために
協力するようにしたいものです。

 

 

まとめ

 断捨離に成功したら、
そのきれいな部屋を保つために、
不要なものを買わないことを徹底し、

家族全員が協力して、
部屋にあるものはいつも所定の場所に片付けて
常に快適な生活をしたいものです。

 


スポンサーリンク





 

◆こんな記事も読まれています

断捨離のすすめと具体的な片付け方の4つのコツとは!

-生活の知恵
-, , , ,

スポンサーリンク