知って役立つ、僕のアレルギー体験記

僕は小さいころから”アレルギー体質”で結構長い間苦労しました。と、いうか、今もそうなんですが・・・。そんな僕の ”アレルギー体験談” と ”あっ、そうだったの” と知って納得の気づきをお伝えします!

子育て 生活の知恵

高速バスって1歳の子でも乗れるの?やむを得なく乗る場合の注意点は?

2018/11/13

 

1歳の子がいるけど、
高速バス使えるのでしょうか?

いろいろ心配だけど
やむを得ず乗らなくてはいけない時、

気をつけることを調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

1歳児はそもそも乗れるの?

ほとんどのバス会社では
1歳児の乗車は可能でした。

料金は抱っこして乗ったら
子どもはかかりません。

シートベルトは
親だけして赤ちゃんを抱っこする形になります。

赤ちゃんの席が必要であれば、
子ども料金はかかります。

ベビーカーは折り畳み可能なものであれば、
荷物として詰め込むことができます。

 

 

 

チャイルドシートは?

高速バスは
チャイルドシートが取りつけられていないんです。

いつ小さいお子さんが
乗るかわからないからだそうです。

チャイルドシートを持ち込みできるか、
問い合わせて大丈夫なら持っていきましょう。

 


スポンサーリンク



style="display:inline-block"
data-ad-client="ca-pub-3418683727317010"
data-ad-slot="1406557081"

 

夜行バスはNGって?

やはり夜泣きの面から考えても、
夜行バスはNGするところが多いようです。

その他にも

・高速バスの場合、緊急時に停車することが難しい。

・トイレつきじゃないバスの場合、オムツ替えができない。

・膝の上に乗せた場合、前の人がリクライニングができない。

などの理由でダメらしいです。

 

 

周りの反応は冷たい

夜行バスは寝るのが前提なので
乗せないで欲しいと思っている人は多いです。

泣いた時に、
立ってあやすことができないし、
移動する場所がない。

う~ん。周りへの配慮が必要ですね。

でも、
「どうしても乗せないといけない事情があるんです」って人は、
どんなことに注意すればいいのでしょう。

 

 

やむを得ず乗らなくてはいけない時の注意点

子どもの好きなおもちゃやお菓子を大量に準備する

泣いてグズられると、
他の乗客の迷惑になるし、
立ってあやすこともできなければ、
降りることもできません。

子どもも慣れない乗車で
退屈になってくるかもしれません。

気晴らしにお菓子やおもちゃで
退屈させないようにしましょう。

お菓子も小出しがおすすめです。

おもちゃは一つでは飽きます。

音の出ないおもちゃをいくつか持っていって、
小出しに遊ばせてあげると退屈しません。

乗り物酔いにならないように気をつけましょう。

 

 

ミルク

必要な時にすぐ準備が
できるようにしておきましょう。

哺乳瓶に必要なミルクを入れ、
少量のお湯で溶かして、
赤ちゃん用の水で薄めるのが早いです。

 

 

タオルは大量に

乗り物酔いになった時、
ビニール袋とセットだと拭けて片づけられます。

飲み物をこぼしてしまった時も拭けます。

車内で寒い時のタオルケットにも利用できます。

 

 

ティッシュやウェットティッシュ

こぼして汚れたお口や手や
服を拭くのはもちろん、

車内にこぼした時、
備品を汚した時にサッと拭けます。

捨てる用のビニールも
一緒に用意しましょう。

 

 

着替え

拭くだけでは追いつかない程の
汚れた場合は着替えさせましょう。

圧縮させておくとかさばりません。

 

 

サービスエリアでは必ず降りる

慣れない乗車で疲れてくるので気分転換に降りましょう。


スポンサーリンク



style="display:inline-block"
data-ad-client="ca-pub-3418683727317010"
data-ad-slot="1406557081"

 

最後に

1歳はまだまだ
高速バスは早いといった印象でした。

夜行バス、
長距離バス、
トイレのないバスは避けた方がいいです。

 

何せ泣かれたら、
逃げることはできず、

冷たい目で見られることもあるでしょう。

子どもだから仕方がないって
思ってくれる人ばかりではありません。

声かけは大事です。

うちの子無理って場合は
他のルートがあるか考えてみてください。

1歳で乗ってはいけないという規定が
ないところが多いですが、

自分の子が本当に大丈夫かは
親の判断に委ねられています。

お子さんの体質や
体調、性格を考慮してください。

どうしても乗らなくてはいけない場合は
いろいろな問題に対処して、
準備をして乗せてあげてください。

 

 


スポンサーリンク



style="display:inline-block"
data-ad-client="ca-pub-3418683727317010"
data-ad-slot="1406557081"

-子育て, 生活の知恵
-, , , ,

スポンサーリンク